歩行のバイオメカニクスと理学療法

日時

08月01日(土)、8日(土) 19時~22時(18時30分よりzoom部屋を開放します)

 

 タイムスケジュール

  19:00~20:00  講義

   (15分休憩)

  20:15~21:15  講義

   (15分休憩)

  21:30~22:00  質疑応答

参加費

2,200円(税込)/1日 ※2日間の参加で4,400円(税込)となります


参加方法

 インターネット環境があれば、どこでも参加可能です!

 

ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン、タブレット、スマホにダウンロードしてください。 

開催日前日までにセミナー用URLとパスワードをメールにてお知らせいたします。合わせて、当日使用する資料についても、前日までにダウンロード先URLをメールにてお知らせいたします。

 

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください。 

資料の譲渡・録音・録画は禁止です。



概要

 ヒトの移動様式は脊柱と後脚が直立した姿勢を基本姿勢として、2本の脚を交互に振り出して推進する直立二足歩行です。直立二足歩行は、ヒトだけにみられる極めて特異的な移動様式だと言えます。最近の研究結果から、ヒトの祖先は初めから直立二足歩行をめざして進化したのではなく、直立姿勢への適応という段階を経て、その結果として直立二足歩行が可能になったと考えられています。つまり、ヒトの姿勢と歩行の成り立ちは、重力に対して姿勢を直立化させ,前肢を体重支持から完全に解放する指向性に基づいているということです。したがって、歩行能力を再獲得するためには、まず直立姿勢を獲得した後、歩行を可能にするメカニズムの再獲得を図るべきであると考えます。

 

①初期接地時の関節の配列と剛性制御 

②荷重応答期の衝撃吸収 

荷重応答期の関節の動的安定化 

全足底接地から立脚中期の重心の上前方への推進 

立脚後期の股関節の伸展 

前額面における重心移動と制動 

遊脚

 

 

講師:石井慎一郎

 

主催:バイオメカセラピー研究会