受付中の講習会一覧

臨床に活かせるバイタルサインの理解と呼吸循環機能の生理

 

~リスク管理の臨床力へつなげる~

  1. 10月02日(金)20時~21時30分 バイタルサインの基礎と血圧・脈拍の理解
  2. 10月09日(金)20時~21時30分 循環器疾患に対する基本生理とリスク管理の基礎
  3. 10月16日(金)20時~21時30分 呼吸生理の基礎理解
  4. 10月23日(金)20時~21時30分 呼吸器疾患の特徴とSpO2・血液ガスの理解
  5. 10月30日(金)20時~21時30分 胸部画像と臨床応用

★全5回コース、参加費5,500円(税込)

【概要】

一昔前、リスク管理というと急性期リハビリに特化した知識として認識が強かったが、今は急性期医療に関わらず回復期への早期転院や生活期(地域リハ)リハで働く療法士も増え、その必要性は高くなってきています。特に生活期リハでは他職種が常にいる施設内とは異なり、個人で評価し状況に応じた判断をしていかなければなりません。さらに、高齢化社会と変化していく中で、疾患の特徴も変わり「脳血管障害+循環器疾患」といったように「重複障害」としての理解を深めていくことが必要不可欠になります。

臨床でよくバイタルサインと言われますが、その代表とし血圧が挙げられます。血圧は状態を把握する上で我々に重要な情報を示唆してくれますが、その判断が「血圧が高い・低い」といった判断にとどまってしまっていませんか。バイタルサインは「生命兆候」という意味があります。バイタルサインが示す数値の背景に潜む病態を予測しリスクを回避するところまでを理解して、はじめてバイタルサインは意味を持つといっても過言ではありません。

本セミナーでは、バイタルサインの代表的項目を理解して頂き、臨床でのリスク管理能力のUPを目的とした内容で構成しています。また、臨床でよく使用するパルスオキシメーターSp02について理解するためには、呼吸の基礎を理解しなければその数値からリスクを予測できません。そのため、呼吸や循環器機能に苦手意識がある方も理解できるように、できる限りわかりやすく解説をしていきます。

 

キーワード:血圧 脈拍 Sp02  循環 呼吸 その他バイタルサイン、胸部画像




今後のスケジュールも調整中です。  coming soon...